海外生産

ジープは商標所有がなされていますので、勝手に製造することはできません。作るとなればライセンス生産をしなければなりません。そういうところを紹介していきます。

 

まず、1954年にフランスのオチキス社がしています。ここは、武器兵器関係を作成していたメーカーですので、戦争用に使っていたのかもしれませんね。実際に戦地で活躍したかはわかりません。

 

次に、旧ソ連です。これに関しては第二次世界大戦中に、アメリカの物資救援で使われたジープをコピーしたのでライセンス生産とは異なります。戦争中のことですし、そのへんはアバウトです。ここを始め、旧共産圏、中国、北朝鮮、モンゴルで配備されたそうです。

 

そして日本では、ウィリス社のものをノックダウンしたことがあるのですが、陸上自衛隊の採用中止に伴い生産終了しました。開発自体はされていません。他にも韓国も行っています。ミャンマーでは国産化しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.